ライフティ 口コミ

ライフティ口コミの関連記事
  1. ライフティが信頼できる中小消費者金融か口コミチェック
  2. ライフティの口コミメリット編
  3. ライフティの口コミデメリット編
  4. ライフティってどんな消費者金融?
  5. ライフティでの借入や返済・利息の計算方法など

 

ライフティが信頼できる中小消費者金融か口コミチェック

キャッシングやカードローンを初めて利用するとき、まず審査に通りやすいところ、そして低金利で余計な出費をできるだけ抑えられる金融業者が見つかったらいいですよね。
融資を受けるためには、申し込み後に行われる審査基準を満たしていなければなりません。

 

全国的に名の知られている銀行カードローンや大手消費者金融業者は、安心して手続きができイメージがあります。
その一方で、たくさんの人が申込むことから、その分中小以下の金融屋に比べて審査に落ちやすいのは当然かもしれません。

 

もし大手の貸金業者に申込んで審査落ちしてしまったら、きっと次の手として消費者金融情報を集めてみるでしょう。
中堅消費者金融なら審査通過の期待が持てると、多くの投稿者から口コミが寄せられています。

 

どうして大手ではない、中小消費者金融で審査に通りやすいのでしょうか。
それは、独自審査を実施していることが理由にあげられます。
大手はスコアリングシステムという審査方法を導入しており、勤務先や雇用形態、年収などといった申込者の属性に点数(スコア)をつけていくというやり方を行っています。

 

中小消費者金融はスコアリングでは評価が低めの属性にある人であっても、審査担当者が本人に十分な返済能力があると判断すれば、大手よりも契約をしてもらえる可能性があります。
もしかしたら、最初は借入限度額が少な目のスタートかもしれません。
でも、利用者となってきちんと返済するという積み重ねていくことで、増額審査の打診をしたときに本来の希望融資額を達成できることも可能です。

 

中小はあまり宣伝にお金をかけていないので、いくら正規消費者金融会社であっても知らないという人が多いものです。
例えば、中小消費者金融のライフティのことを知っていますか。
確かに名前を知らない人が少なくないかもしれませんが、魅力的なサービスを提供している会社です。

 

初めての利用者は、35日間利息が無料0円になるというサービスがあります。
よく30日間金利ゼロ円という消費者金融はありますが、さらに5日間長い35日間というのは業界最長かもしれません。

 

ライフティはスマホや携帯電話、パソコンから24時間365日いつでも申し込み手続きをすることができることなど、大手で行っているサービスも提供されています。
ライフティが幅広い人から利用されている理由の一つに、1,000円以上から借り入れOKなことがあげられます。
一般的な金融機関では10,000円からなどなので、ここまで少額から対応してくれるというのは利用者の目線で商品開発をしているということなのではないでしょうか。
困ったときに相談しやすいのはうれしいですよね。
必要な分だけ借りられるので、返済するときに加算する利息を最小限に節約できます。

 

融資の相談者の立場からしてみれば、自分の個人情報を申告して申し込みをするのですから、名前を知らない街金の門をたたくのは不安があって当然です。
今の時代はインターネットでたくさんの人がお互いに情報交換をしており、本当に不愉快な対応をされたら、すぐに悪い評判が拡散されてしまいます。

 

インターネットでライフティの口コミ情報を検索すれば、信用していいのか判断しやすくなるのではないでしょうか。
十分に納得できるところに申し込みをした方がいいので、ライフティに興味を持ったらぜひ口コミ検索をしてみてください。

 

 

 

ライフティの口コミメリット編

ライフティという消費者金融の名前を初めて知った方など、申し込みをしても大丈夫か気になるところでしょう。
すでにライフティを利用している方の口コミは、きっと参考になるはずです。
今回は、ライフティで借り入れをすることのメリットについて書かれた口コミを取り上げていきます。

 

数年前に自己破産で債務整理を行っているという方は、ライフティに申し込みをしたところ迅速な対応で審査に通ることができ、融資を受けることができたということです。
一般的に債務整理をしていると、銀行カードローンや大手消費者金融の審査は通らないといわれています。

 

債務整理は4種類ありますが、その中でも自己破産ということでまだまだ個人信用情報機関の登録が抹消されない期間内ですから、最初から借り入れをあきらめてしまいがちなところです。
金融の知識をあまりお持ちでないと、借りられないと思い込んでヤミ金などに手を出してしまうケースも考えられます。

 

こちらの口コミを読むと、ライフティは中小消費者金融ということで独自審査によって柔軟な審査が行われているようですね。
やむを得ない事情から債務整理をしている方で、ライフティに申し込みをして助かったという方がとても多いのではないでしょうか。
この方は申し込みをしてから電話でのやり取りがあり、職場への在籍確認が済んだら即ライフティから融資されたとのことでした。
申し込みから在籍確認までも早かったそうです。

 

ライフティには、おまとめローンもあります。
複数の金融機関から融資を受けて返済額が大きく膨らんでしまった方も、借入状況に応じておまとめローンに借り換えをすれば、多少でも完済に近付けるかもしれません。
ライフティは消費者金融ですから貸金業法の総量規制の対象ですが、おまとめローンは総量規制の対象外であるため、借入が1年の収入3分の1以上になってもOKです。
返済方法がスリムになることで、月の返済が1回になり、精神的にも負担が軽くなるでしょう。

 

平均以上の年収がある方でも、すでに任意整理による債務整理をした経験があり、現在も自動車ローンと住宅ローン、クレジットカードの返済を続けているという方の口コミがありました。
任意整理を行っているということで、やはり銀行や大手消費者金融の審査に通るのは困難かと思われますが、ライフティで審査に通り融資を受けられたとのことです。
このような借入状況で困っているとき、ライフティのような会社があることできっと立て直ししていけますよね。

 

ご自身の属性があまりにもよくないという認識で、話だけでもとライフティに相談してみたところ、意外にも融資を受けることができたという口コミもありました。
このような事例があるということは、相談しやすい雰囲気があるのかもしれません。
もし、現在ご自身の状況からどこも貸してはくれないだろうとあきらめているなら、ダメ元で相談だけでもしてみれば、もしかしたらなにかが違ってくるかもしれません。

 

 

▲戻る

ライフティの口コミデメリット編

消費者金融のライフティは、すでにたくさんの利用者の方が契約をしています。
利用して初めてわかることはいろいろあるでしょうが、今回はその中でも特にライフティのデメリットと思われることに関する口コミを取り上げます。

 

返済を行うときは、振込手数料が利用者側の負担になります。
返済のために利用する金融機関を適当に選んでしまうと、全額返済するまでに合計でかなりの金額が手数料となって消えていきます。
手数料0円の銀行をしっかり選ぶことで解決できます。

 

ライフティでは、まず1次審査が実施され、通過者はさらに2次審査に進むことができます。
審査にかかる時間は人それぞれかもしれませんが、3日かかってやっと連絡が来た、もっとスピード対応してくれないものかと不信を抱いている口コミが見られました。

 

本当に信用して融資をしてもいいのか、恐らくライフティの審査担当者も慎重に決断をしています。
特に返済の長期延滞、自己破産などの事故などを過去に起こしているなどの場合、審査結果が伝えられるまで何日かかかってしまうことを覚悟しておいた方が安心です。

 

うっかり返済期日に遅れてしまうと、ライフティから催促の電話が膨大にかかってくるという口コミがあります。
職場にも連絡が入るということになる前に全額返済をするか、自分から連絡をしていつまでにいくら用意できるなどを、自分から積極的に伝えれば、しつこい連絡がくることを回避できるでしょう。

 

ライフティで無事に審査に通り契約が完了してから、カードが発行され手元に届くまでとてもまたされたという口コミがありました。
その投稿者は、審査通過まではとてもスピーディにやり取りが進んでいたようです。
借りたお金をいつ利用したいか具体的な期日があれば、電話などでライフティにあらかじめ伝えて相談しておくことで相談に乗ってくれるかもしれません。

 

審査に通過して指定した銀行口座にライフティから振り込まれるはずが、音沙汰なしになって1ヶ月以上になるという口コミがありました。
そのような場合は、担当者に直接確認の連絡を入れてみるのが一番早そうですね。
貸してもうらう側ということで催促は遠慮してしまうのかもしれませんが、1円も融資されていないのに最初の返済期日がせまってしまうのではないでしょうか。
担当者の方は恐らくたくさんの利用者を担当していでしょうから、人間がやっている以上は見落としがある可能性もあります。

 

返済期日よりたった1日遅延してしまったら、即電話がかかってきたという口コミがありました。
ライフティの担当者によって個人差があるのかもしれませんが、催促の口調がきついという意見もありました。

 

具体例としては「すぐに支払ってくれないと今残っている返済額を全額一括で返してもらうことになりますよ」「給料差し押さえますよ」などと言われたという口コミもあります。
平日の催促ならまだ納得できますが、土日祝日もお構いなしで電話で催促されるという事例も口コミにありました。

 

ライフティを利用する上で、さまざまな注意すべきポイントに気づくことができました。
申し込みをする前に、いろいろな口コミサイトで紹介されている体験談を一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

▲戻る

ライフティってどんな消費者金融?

ライフティ株式会社は、東京の新宿区歌舞伎町に本社がある消費者金融です。
1991年6月に創業されたので、すでに長い実績のある会社です。
2014年に社名が現在のライフティに変わったそうなので、もしかしたら以前の名前で融資を受けていたという方もいるかもしれませんね。

 

本社は東京ですが、インターネットから365日24時間いつでも手続きができますので、日本全国どこにお住まいでも申し込みが可能です。
ライフティの申し込み条件は年齢が20〜69歳の方で、最初に審査があります。

 

一定の収入がある方でしたら申し込みができますので、会社員や正社員でなくても問題ありません。
アルバイト、パート、派遣社員などのライフティ利用者もいます。
連帯保証人も担保もいらず、利用限度額は最高500万までです。

 

ライフティの大きな特徴の一つとして、1,000円から融資可能なことがあげられます。
月末の給料日前など、ほんのちょっとでいいから借りられたら助かるのにということはありませんか。
たいていの金融業者は10,000円からなのですが、もっと少額でいい場合でも1万円かりなければならないということは、その分余計な利子がかかります。
いらないお金をわざわざ借りて、利息という余計な出費を請求されるというのは仕方がないのかもしれませんが、ライフティならそんなことがなく節約志向の方に最適です。

 

その金利ですが、年率で8.0%〜20.0%、返済方法はライフティから融資を受けたあと残高スライド元利定額リボルビング方式となっています。
あまり短期間で完済するとなると毎月の負担が大変ですが、ライフティは最多で120回、最長で10年とゆったりした制限になっています。

 

ライフティへの申し込みは、スマホや携帯電話、パソコンからインターネットでいつでも行えます。
審査が開始されますので、その結果の連絡がご本人により申し込みフォームで指定されるメールアドレスもしくは電話番号へと折り返されます。
審査に通過し契約することになったら、ご自宅まで契約関係の書類が郵送されますので、必要事項を埋めてライフティに返信します。
ライフティに書面が届いたら、発行されたローンカードを使って融資されるという流れです。

 

ライフティとの契約が交わされれば、2回目以降は再び審査を受けなくても、利用限度額の範囲内で何回でも借入と返済をすることができます。
ライフティのローンカードは、全国にあるセブン銀行のATMで利用可能です。
セブン銀行のATM機というとセブンイレブンの中にだけあるようなイメージがあるかもしれませんが、最近はとくに街のさまざまなところに設置されているのを見かけるようになりました。
とても便利になっていますので、ぜひお近くにないか探してみてください。

 

 

 

▲戻る

ライフティでの借入や返済・利息の計算方法など

ライフティでの借入や返済についてご紹介します。
まずライフティから融資を受ける前には契約手続きをしますが、そのときに提示する必要書類があります。
基本的には、本人確認書類として運転免許証の1点です。
本人確認書類の運転免許証が発行されていない方は、パスポートや健康保険証、マイナンバー個人番号カードを提示してください。
おまとめローンに申し込む場合は現在他社から借入していること確認するための明細書や契約書を用意します。

 

ライフティで融資を受けたら、年率8.0%〜20.0%の金利がつきます。
利息が実際にいくらぐらいの出費になるのか、計算してみましょう。

 

ライフティは実質年率で、約定年率です。
もし仮に90,000円の融資を金利20.0%で受け、35日で返済したらいくらの利息がつくのか算出します。
(借入金額)90,000円×(金利)20.0%÷(年率とは365日分なので)365日×(借りた日数の)35日=(利息)1,726円となります。

 

算出した答えは、小数点以下を切り捨てた利息となります。
今回は365日で計算しましたが、うるう年は366日で算出します。
借りた日数は、融資を受けた日の翌日からカウントし、返済をした当日までの日数です。

 

一般的な金融機関では月に1回のペースで返済しますので、例えば毎月26日など期日が決まっています。
ライフティの返済は35日周期での返済が可能で、逆に35日も間隔を空けずに前倒しで返すというスタイルもできます。
つまり、35日後が返済期日なのですが、期日より前ならいつ返してもOKということです。

 

返済日は毎月月末に決まっているけれど、もっと前ならお金あったのにということはありませんか。
まだ余裕があるからと思っていたら、返済日になって足りなくなっていたとなると、未納になってしまいます。
あるときに返済できるのが一番という考え方の方には、こうした柔軟な返済方法を採用しているライフティは性に合っているのではないでしょうか。

 

中小消費者金融と一言でいっても、サービス内容を確認してみると違いがあるものです。
ライフティも含めて、ご自身に合ったところを探して申し込みをしてみてください。

 

▲戻る

更新履歴


このページの先頭へ戻る