延滞中 おまとめローン

  1. 銀行と消費者金融会社でお金を借りる
  2. 消費者金融会社で借りる
  3. 中小消費者金融会社と街金で借りる
  4. 中小消費者金融会社とおまとめローン
  5. おまとめローンは目的ローン

 

 

銀行と消費者金融会社でお金を借りる

ちょっとしたお金が必要になったときは、銀行か消費者金融会社でお金を借りるしかないでしょう。そのときは金利の低い銀行で借りるのがおすすめです。それと銀行で借りたほうが世間体が良いのもあるのです。

 

というのも、消費者金融会社は昔のサラ金のイメージがあって、消費者金融会社から借りるには抵抗のある人も中高年を中心に少なくないのです。

 

特に今の50代から上の世代は、消費者金融会社がサラ金と呼ばれていて、強引な借金の取り立てなどを間近で見てきた人たちです。間近というよりも連日テレビや新聞報道などで知っているからです。強引な取り立ては、しばしば一家離散や夜逃げ、さらには一家心中といった悲惨な事件を起こしていたのです。

 

借りる方が悪く、返済できない方がもっと悪いのは間違いないのですが、それにしても当時の金利の高さはものすごいものがありました。闇金ほどではないにしても、金利も年利で50%程度となっていた時代ですから、借金で人生を棒に振る人も少なくなかったのです。消費者金融会社がサラ金と呼ばれて全盛期だった頃は、ちょうどバブル期前後といったところでしょうか。当時のサラ金の数は3万社を超えていたということですから、現在の消費者金融会社の数が2,000社に満たないことを考えると桁違いに激減したことになります。

 

高金利から数々の問題を引き起こしたサラ金に対して当局も動き、高金利での貸し出しの温床となっていた、グレーゾーン金利の撤廃に動いたのです。これによって上限金利が20%に統一されました。それでそれ以降の消費者金融会社のローン金利が20%の上限金利になったかというとそれだけでは終わらなかったのです。

 

それまでの高金利で貸し出しをしていた取り過ぎの利息分についても、上限金利で計算し直して、取り過ぎの利息について返還しなくてはいけなくなったのです。もっとも、債務者側の請求がないと過払い請求はできません。しかし、テレビやラジオなどで連日放送され、誰もが過払い請求を知ることになり、該当者の多くが過払い請求を行ったのです。それによって、多くの消費者金融会社が返済できなくなり、経営破綻から廃業に追い込まれる人が続出しました。過払い請求については、消費者金融会社が経営破綻しても保証会社からの保証があるので、過払い請求は滞りなく行われていきました。その影響から消費者金融会社は現在の2,000社弱という数になったということですね。

 

銀行カードローンを利用したい人は多いと思いますが、誰でも気軽に銀行カードローンからお金を借りることができるわけではありません。というのも、銀行カードローンからお金を借りるにしても、審査に通らないとお金を借りることはできないのです。銀行カードローンの審査は厳しく、ある程度の属性がないと審査に通ることはできません。この属性というのは、お金の借りやすさや、返済能力を示す指標のようなものです。属性が高いとお金を借りやすく、低いとお金を借りることができません。

 

属性というのは、さまざまな項目から成り立っているのですが、もっとも大きなウエイトを占めているのが雇用形態なのです。雇用形態というのは正規雇用と非正規雇用の二つに分かれています。正規雇用はいわゆる正社員の人のことです。いっぽうの非正規雇用は、パートアルバイト、派遣社員、契約社員の人のことです。正規雇用の人のほうが属性が高いのは分かるのですが、それは収入が多いとか少ない問い行った問題ではないのです。何が重要かというと、雇用が会社から保証されているかどうかということです。正規雇用の人は入社時に交わした雇用契約が定年まで有効となります。つまり会社を定年退職するまで、雇用は会社から保証されているということです。

 

いっぽうの非正規雇用の人は、有期契約となるので、有期の範囲内で雇用が保証されているということになります。その期間はそれぞれですが、3ヵ月、6ヵ月、1年といったものです。その期間は雇用も保障されているのですが、期間がくると更新するかどうかは会社の一存にかかっているのです。そのときに必要なければ更新されませんし、必要だったら更新されます。更新されない場合は、雇い止めということになるのです。これは、銀行から見たら収入が安定していないということになり、属性が低くなるということです。

 

銀行の審査の厳しさは銀行カードローンの原資が、口座開設者から預かった大切な預金ということが挙げられます。預金ですから、必要に応じて引き出されます。銀行のものではないので当然です。そういったお金がカードローン原資になっているのですから、貸し倒れに遭ってはいけないのです。そういったリスクを回避するために、銀行と提携している保証会社の審査にも通らなければいけません。つまり、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行と保証会社の双方から審査を受けなければいけないのです。当然どちらか一方でも審査NGでしたら、カードローンを借りることはできないのです。

 

この保証会社はどういった役割をしているのかというと、カードローン利用者が銀行に対して返済不能になった場合、保証会社がカードローン利用者に代わって残りの債務の全額を銀行に支払うのです。その後に立て替えた債務残高は改めて保証会社からカードローン利用者(債務者)に請求されます。この時点では、すでに債務整理に入っていますから、保証会社と債務者の間で任意整理の交渉が始まるのです。銀行としてはノーリスクに見えるのですが、返済不能以降の返済利息による収益がなくなったのですから、銀行としてもノーリスクというわけではありません。

 

銀行カードローンデメリットしてあげられるのは、即日融資ができなくなった点です。一時はメガバンクを中心として、即日融資をネットやテレビCMで大きく宣伝していました。それを昨今では見ることなくなりました。それは、銀行カードローンが即日融資できなくなったことのよるものです。どうしてかというと、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたからです。銀行カードローンに融資の申し込みをすると、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会するのです。不正融資を防止するための施策によるものですが、その照会情報を得るのは早くても翌日以降となるのです。そのため物理的に銀行カードローンの即日融資はできなくなったということですね。

 

 

 

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に落ちると、消費者金融会社でお金を借りることになります。もちろん消費者金融会社でお金を借りるにしても、融資の申し込みをして審査を受けなければいけません。この審査が銀行カードローン並とは言いませんが、消費者金融会社の中では厳しいものとなります。

 

審査通過率も50%ということで2人に1人しか消費者金融会社のカードローンを利用することができないのです。これは意外といえば意外な数字ですが、銀行カードローンの審査に落ちている人ということを考えると、属性の低い人が集まっているので自ずと審査基準が上がっているというよりも、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをする人の属性が低くなっているのが要因と言えるでしょう。

 

大手消費者金融会社のカードローンの特徴として、多彩な申し込み方法があげられます。店頭での申し込みや電話での申し込みができるのも大きな特徴ですが、WEBでの申し込みに郵送物が一切ないWEB完結での申し込みも可能となりました。そして、提携しているメガバンク行内に設置してある自動契約機での申し込みができますし、大手消費者金融会社ならではの申し込み方法が無人契約機による申し込みです。全国各地に設置されていて24時間365日稼働しています。

 

いつでもカードローンの申し込みができるのですが、即日融資にも対応していて22時までに申し込み手続きができて、審査にも通ればすぐにローンカードが発行されるので、最寄りの銀行ATMでキャッシングできるのです。もっとも消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社のカードローンは審査がもっとも厳しいので、延滞歴のあるような人でしたら審査に通ることは難しいでしょう。

 

 

 

中小消費者金融会社と街金で借りる

消費者金融会社のほとんどは中小消費者金融会社と街金です。大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らないときは、中小消費者金融会社か街金からお金を借りるようになるでしょう。

 

街金の場合は融資額も10万円程度となるので、まとまったお金が必要なときは多くを借りることができない街金では、頼ることができないかもしれません。もっとも審査基準がとても緩いので、属性に不安のある人でも審査に通ることができるでしょう。

 

また、信用情報機関に照会しない独自審査を行っているところが多く、現在の属性のみで審査を行うので、きちんと働いていることがわかれば、ブラックでも借り入れできる場合があります。もっとも、ブラックでも必ず借り入れできるわけではないので注意しましょう。

 

 

 

中小消費者金融会社とおまとめローン

中小消費者金融会社に融資の申し込みをする人は、複数の債務を抱えている人も少なくないでしょう。複数の債務を抱えている人は少しでも早く債務の一本化をしたほうがいいです。

 

中小消費者金融会社には特色をもった貸し金を行っているところが多く、中にはおまとめローンのみを扱っている中小消費者金融会社もあります。審査も緩くなっているところも多く、多重債務者でもおまとめローンを利用できることもあるので、あきらめずに融資の申し込みをしてみるといいでしょう。

 

消費者金融会社の場合、どうしてもネックとなるのが総量規制の問題です。年収の3分の1間でしか借り入れできないというものですが、中小消費者金融会社でお金を借りようとする人は、複数の債務と、すでに総量規制にかかっている人が多く新たなローンの申し込みができなくなっているのです。

 

 

 

おまとめローンは目的ローン

総量規制の対象となるのは使途自由のフリーローンのみです。カードローンもフリーローンになります。いっぽうの目的ローンは総量規制の対象外です。学資ローンや医療ローン、マイカーローンなどもそうです。

 

そして、複数の債務の一本化ができるおまとめローンも目的ローンですから、総量規制対象外となるのです。それでも、債務残高総額を借り入れできる属性の高さが求められます。

 

中小消費者金融会社といえども、おまとめローンについては審査が厳しくなるので、延滞歴のある人、さらには延滞中という人でしたら、おまとめローンの審査に通ることはできないでしょう。ですから、おまとめローンを利用したいときは、延滞歴などの金融事故を起こさないように注意しなくてはいけません。

 


このページの先頭へ戻る