延滞中 融資可能

  1. 他社延滞中という状況下で新規キャッシングは可能なのか?
  2. ローンカードの審査で他社の返済が延滞中ならば絶望的?
  3. 街金ならば他社延滞中であっても借入可能な可能性アリ!
  4. 延滞中の新たな借入ならば消費者金融より街金がいい?
  5. 既存の借金が延滞中でも新規の融資の取付は可能?

 

 

他社延滞中という状況下で新規キャッシングは可能なのか?

キャッシング業者やカードローン業者など、いわゆる賃金業者や金融機関からお金を借りた場合、返済することが義務です。返済を疎かにすると、遅延損害金などが通常の利息に上乗せされることもありますので、きちんと契約時のルールの通りにお金を返したいものです。

 

しかし、人それぞれに事情があるのもまた事実で、たとえば収入が途絶えてしまったり、自営業者が急な病気で少々入院した場合には収入がなくなってしまいます。このようなときには支払いが厳しくなり、消費者金融や銀行カードローンなどの返済、クレジットカードの利用料金の返済などが厳しくなります。つまり、仕方なく延滞が生まれてしまうこともあります。

 

ただし、やはり契約時のルールを守っていないわけですから、たとえどのような事情が本人にあろうとも業者サイドから見れば延滞者であることに変わりはありません。信用情報機関にもその事実が記載されるようになり、延滞中の業者だけではなくほかの業者にもその事実が知らされることとなり、他の会社からの借入もできなくなります。

 

信用情報機関の情報は、ほとんどの業者が申込後の審査時に閲覧しますので、そこで他の業者から借りたお金が延滞中であることを知られてしまうのです。そのため、延滞中は新たな融資などは不可能になってしまうことがほとんどですが、一部には融資可能という判断をしてくれる業者もあるのです。

 

どのような存在かといえば街金です。街金は消費者金融と同じように民間のノンバンク賃金業者ですが、かなり経営規模が小さい消費者金融です。プロミスやアイフルなどの大手はよく知られていますが、これらの大手消費者金融会社のように多店舗展開はしておらず、ひとつの店舗のみで経営されています。

 

このような規模の会社なので、あらゆる方々への融資に積極的なケースが多いため、たとえ延滞中であっても融資可能というジャッジをしてくれることも多いのです。そのため、延滞中に金策に走らないといけない場合には、街金を頼ってみましょう。各地に多数あり、職場や自宅のそばにもたくさんありますので、これらの業者にまずはコンタクトをとってみてください。いい答えが聴けることも多いはずです。

 

 

 

ローンカードの審査で他社の返済が延滞中ならば絶望的?

住宅ローンやオートローン、学資ローンなどは家の購入費用や自動車の購入代金など、お金を借りる上で用途はあらかじめ決められています。

 

また、そもそも業者同士の間でお金のやりとりがされるために用途以外のことに使えないケースが多いのです。たとえば住宅メーカーから買う場合、金融機関が住宅メーカーに支払いをおこなうために、手元には現金がきません。そのため、用途が決められているローンは、あくまでもその用途にしか使用できません。

 

しかしながら、その一方でフリーローンなどと呼ばれる多目的ローンもあります。それがキャッシングやカードローンです。銀行カードローンはもちろん、ノンバンクでも消費者金融やサラ金などがキャッシングサービスを展開していますし、クレジットカードにもキャッシングサービスがあります。

 

これらは用途が自由な上に担保もいりませんし、保証人も不要です。そのため、それこそ生活費や旅行代などいろいろな使い方ができ、多くの人が重宝しています。スマホ代や冠婚葬祭、光熱費が高くなってしまったときなどにも使えます。

 

このように利便性が高いサービスですが、計画的に利用しないと返済ができなくなることもあります。そして、数日程度の遅れであればまだしも、数週間も返済が遅れてしまうとそれは遅延や延滞情報として信用情報機関にもあげられてしまうことがあります。こうなってしまうと完全に延滞中の債務者となってしまい、他の会社からもお金を借りられなくなります。

 

しかし、そもそも延滞中ということであれば手元にお金がないからこそ返せないわけですから、お金がとにかく欲しいわけです。そのため、どうにかして延滞中であっても融資可能な会社を探したいと思うわけですが、基本は延滞中ならば厳しい現実が待っています。銀行や消費者金融などに申し込みをしてもNGという答えが出てきてしまいます。

 

ただし、街金ならば融資可能という判断をしてくれることもあります。必ずとまでは言えませんが、他社よりも審査の基準が甘めと言われるのが街金ですから、こうした存在を頼ってみましょう。基本は消費者金融会社と同じですから、合法的な会社ですし、安心して融資を受けることができます。

 

 

 

街金ならば他社延滞中であっても借入可能な可能性アリ!

賃金業者や金融機関には様々な種類があります。銀行が代表格ですが、そのほかにもノンバンクのキャッシング会社、消費者金融会社、サラ金や街金などもあります。さらに、信販会社もクレジットカードを通じたキャッシングをおこなっているために、ひとつの賃金業者に数えることができます。

 

このように豊富な存在がありますが、特に覚えておきたいのが街金の存在です。街金は審査が甘い会社も多いと言われていますので、いわゆるワケアリな人にとってみればとても重宝するジャンルの賃金業者となります。

 

たとえば、過去に自己破産や任意整理などの債務整理をして、ブラックリストに入ってしまったような人です。ワケあって返済ができずにこうした事態を迎えてしまった場合には、基本的には多くの業者からお金が借りられなくなりますが、街金ならば融資を実行してもらえる場合もあるのです。

 

また、債務整理まではいかなくても遅延や延滞状態になってしまい、お金を約束通りにきちんと返済できていない人も、その期間によってはその事実がCICなどの信用情報機関に登録されるために、同じように当該会社はもちろん他の業者からもお金を借りられなくなります。

 

もちろん、すべてのケースで必ず借りられるとは言えませんし、あくまでも審査結果はケースバイケースなのですが、債務整理中や他社延滞中であっても融資可能という判断をしてくれる街金はありますので、他の銀行カードローンや消費者金融会社などで融資を断られてしまった人も、街金に可能性を見出してみましょう。

 

街金は消費者金融会社と同じですが、小規模な消費者金融会社なのです。そのため、大手であるレイクやアコムなどとは異なり、いろいろな面で融通をきかせてくれることが多かったり、または独自審査という形で信用情報機関の情報をチェックしない会社もあるために、いい返事をしてくれることがあるのです。

 

どうしてもお金に困ってしまった場合には頼っておきましょう。もちろん、ヤミ金などとは異なる合法的な会社ですから、利息や返済ルールなどの面でも問題ありませんので安心感を持って利用しておきましょう。

 

 

 

延滞中の新たな借入ならば消費者金融より街金がいい?

キャッシング会社や消費者金融会社、銀行などからお金を借りれば毎月の返済があります。一括でまとめて返済しない限りは、最低返済額以上の金額を毎月決まった日に返済していくこととなります。

 

これがお金を借りる上で基本的なルールということになるのですが、それを守れない場合には延滞や遅延ということになってしまい、以後は新たな融資が受けられなくなることがあります。住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなどを組みたいと思っても、延滞中の借金がある場合にはそちらの融資を得るのは厳しいものがあります。

 

また、フリーローンや多目的ローンであっても同じです。ほかのローンの返済が遅れているのであれば、新たにお金を借りたいと思ってもお金を借りることができないのです。そのため、どのようなローンであっても、お金を借りたからには遅れずに返済していくことが大切ですが、どうしても仕方のない事情などがあって延滞してしまうこともあります。

 

さらに言えば、延滞してしまうほどに手元にお金がないということは、お金に困っているわけですから、そうなると自ずと新たにフリーローンなどを利用してお金をどこかの賃金業者から借りたいと考えるようになるわけです。

 

このような場合に覚えておきたいのが、延滞中でもお金を貸してくれる可能性がある賃金業者の存在です。そのような都合のいい会社があるのかと思うかもしれませんが、それが街金です。街金は消費者金融会社と同じ部類の賃金業者ですが、経営規模が小さめであらゆる融資に積極的な会社でもあります。

 

そのために、たとえ他社延滞中であっても融資可能と判断してくれることがあるのです。このようなメリットがあるため、今現在延滞中であるものの、新たにお金を借りたいという事情があるのであれば試してみましょう。

 

審査結果はケースバイケースであり、必ず延滞中の債務者すべてが借りられるとは限らないのですが、他の大手消費者金融会社や銀行カードローンなどに申し込んでも門前払いになってしまうケースでも、街金ならば借りられる可能性が高いため、いざというときには頼ってみましょう。

 

 

 

既存の借金が延滞中でも新規の融資の取付は可能?

新規にキャッシング会社や消費者金融、銀行カードローンなどを使って融資を受けたいと考えていても、それが叶わないこともあります。融資を受けるためには必ず審査がありますが、その際に他社延滞中ということであれば、ほぼ確実に審査で落とされてしまいます。

 

新規に融資をするかどうかの審査をする上で、審査をおこなう担当者はその人が確実に返済してくれるかどうかをチェックするわけですから、他社で借りたお金を返済していないということであれば、やはり審査で不承認となってしまいます。

 

返済能力の有無を確認するために在職年数や勤務先名、年収や家族構成などを審査で調べるのですが、中でも他のローンの残債は重要ですし、その返済をきちんとおこなっているかどうかはとても重要ですから、延滞中となってしまえばかなり厳しいわけです。

 

ただし、そこには例外と言えるような存在もあることを覚えておきましょう。どういうことかといえば、他社の借金の返済が延滞中であっても融資を実行してくれる会社があるということです。

 

信じられないかもしれませんが、各地にある小規模な消費者金融会社として知られている街金ならば融資可能の判断をしてくれることがあるのです。そのため、延滞中であるものの、新たに融資をカードローンやキャッシングの形で借りたいと考えているのであれば、こうした街金への申込を考えてみましょう。

 

規模が小さい消費者金融会社ですから、基本的なルールなどはほかの消費者金融会社と同じです。プロミスやアイフルなどの大手と同様のポジションにある会社ですが、その経営の規模が小さいために、融資に積極的なのです。

 

また、独自審査という特殊な審査方法を採用している会社もあり、そうなれば信用情報機関の情報を閲覧しないままに審査を進めていくこともあります。そうなると、他社延滞中であることがほとんどスルーされることも多いため、どうしてもお金に困っているときには頼っておきたい賃金業者のひとつであると言えるわけです。困ったときの助っ人として頼っておきましょう。

 


このページの先頭へ戻る