ライフティでお金を借りる際の逃げ道?

ライフティの関連会社は、株式会社ビジネスパートナーですが、ファイナンス会社としては多いです。
単なる貸金業ではなく、信販事業も行っていて、単なる中小消費者金融ではありません。
大手消費者金融にはかなわないですが、会社的な信頼は大きいといえるでしょう。

 

そんなライフティですが、年収がある方向けの消費者金融です。
ブラックOKという点では、審査がゆるいとされています。
どのくらいゆるいか?というと、大手消費者金融の審査落ちの方でも融資ができたと言われています。
ホームページなどには、ご相談くださいとありますが、どうして審査がゆるいか?というと、一つ考えられる事実がありました。

 

消費者金融は、どのような金融業者でも総量規制内での貸付を行っています。
1万円でも定期収入があれば、貸りることができます。
ただし、限度額を越えた融資はできません。
また、必ず行う審査が、個人信用情報機関の照会です。

 

日本国内には3つの機関があり、ライフティでは、JICCとCICの2つの機関で照会をします。
しかし、KSCの機関の照会はしていないとされています。
これは、銀行カードローンなどの信用情報機関ですが、ここで金融事故があったとしても、審査に支障がないとされています。

 

過去に行っていた借り入れで、信用情報機関がKSCだけに登録していたとしたら、身の覚えのある滞納などがあったとしても、お金を借りることができるかもしれません。
ただ素人ではわかることではないですが、この信用情報機関だけに登録されて奇跡的に助かったという方も少なくありません。


このページの先頭へ戻る