ライフティの審査とまとめローンについて

大手消費者金融や銀行カードローン審査はコンピューターで自動審査を行い、審査スピードは早いです。

最近中小消費者金融でもライフティのように30分で審査結果が出るところも増えてきました。
借り入れができるかどうかは、まずは個人信用情報機関の内容も大切ですが、もしブラックの異動情報があるのなら、金融事故の内容の精査により、ブラックOK金融が実現します。
ライフティのような審査の甘い中小消費者金融では、その期待が大きいです。

 

ブラックでも契約できるキャッシング会社

カードローンのライフティでは基本的にブラックも対応しています。
破産や任意整理をした債務整理者、大手消費者金融で他社借入が多いことで審査落ちした多重債務者も対応です。
ただし、条件として総量規制範囲内であることと延滞中ではないことです。
この2つだけは、ブラックではないとしてもライフティでは審査落ちです。

 

審査の甘い貸金業者としては優良店

ライフティは、中小消費者金融としては人気が高い貸金業者です。
カードローンができることも大きいですが、審査時間が短く、ライフティポイントなどの特典もありのす。
利用限度額も大きいので、大手消費者金融が少し心配というノンブラックの利用者も多いです。
金利が高い中小消費者金融ですが、たくさん借入をすることで、大手消費者金融より低い金利になります。
そして、カードローンですから、わざわざ大手で審査落ちの経験をすることがないのです。

 

中小消費者金融の独自審査

ライフティでは、債務整理者も対応している中小消費者金融ですが、専業主婦は対象外です。
消費者金融では収入があることが第一で、無収入の専業主婦は配偶者貸付の形でキャッシングができる中小消費者金融も多いです。
しかし、ライフティは配偶者貸付の制度がありません。
専業主婦を含む無収入の方は、ライフティでの利用ができません。
数ヶ月だけでもパートやアルバイトをすることで、審査対象になることがあります。
信用情報ではなく、申込情報で収入ゼロとか数万円と言うのはキャッシングができないということです。

 

ライフティのまとめローン

まとめローンとは、多重債務を1つのキャッシングにしてしまうことです。
借入金返済資金の項目を選択すると、普通のキャッシングではなく、ライフティで他社借入の元金を完済してくれます。
その完済した部分と利息を付けたのが、まとめローンで返済専用です。
現金は手元に入らない、追加キャッシングができません。
ただ、晴れて他社借入がなくなってしまうことで、返済負担が減ります。
このまとめローンの審査は、少しフリーローンより厳しくなります。
総量規制対象外商品ですから、借入額はある程度問わないのですが、延滞中の方は利用できません。

ライフティの審査とまとめローンについて関連ページ

総量規制範囲内でのキャッシング
貸金業である消費者金融では、キャッシングは審査を行います。審査難易度は、銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融の順で高いです。カードローンができるライフティは中小消費者金融で、審査の甘い消費者金融会社です。
ライフティと闇金の関係について
ライフティは闇金との噂が多いです。中小消費者金融は間違われやすいからと思っていたら、なんと現在国内にはライフティが3軒検索されます。そして、そのうち2軒が闇金だったということです。
ライフティでのキャッシング 闇金業者も同名で存在
大手消費者金融の審査に落ちたとしても中小消費者金融の借入ができることは多いです。貸金業の審査基準は1つではなく、各消費者金融での基準が違います。中小消費者金融にしては珍しいカードローンがあるライフティは、甘い審査のブラックOK金融です。

このページの先頭へ戻る