おまとめローンの審査は厳しい?

消費者金融では、フリーローンの他におまとめローンを取り扱っているところがあります。その違いは、金利です。

 

金利?

現在2つ以上の借金がある多重債務者なら、おまとめローンができます。2つを一緒にして、1つの借金にすることです。

 

なぜそんなことをわざわざするのか?というと、2つの借金を1つにすると、返済手間が1回で終わる。1つになることで借入金額が大きくなり、低金利になる。この点が、おまとめローンの魅力です。返済手間が少なくなる上に、金利が低くなることで、本気で多重債務を解消したい方は多いです。

 

 

消費者金融の見方

おまとめローンの審査はフリーローンより厳しいです。その理由としては、申込者が多重債務者であることで、個人信用情報機関の内容ではリスキーです。延滞があれば、間違いなく審査落ちです。

 

他社延滞中のおまとめローンは、大手消費者金融では絶対審査に通らないです。延滞でなくても、返済リスクが高いだけでも審査落ちで、よほど完済ができると保証されなければ対応しないです。延滞は、持っての他です。

 

サイトではそこまで書いていないが

おまとめローンの審査要件では、フリーローンより厳しいということは書いていないです。単に毎月の返済負担が軽くなるという書き方ですが、多重債務が新しい申込みをするということは、そう簡単なことではないです。

 

現在、返済で余裕はあるけれど、おまとめローンに借り換えしたい。それなら、審査が通ることはあります。債務整理の必要性もないし、延滞もまったくない。大手消費者金融のおまとめローンは、こうした余裕がある方が行うものです。審査が厳しいので、当然のことです。

 

 

甘い審査の中小消費者金融で50万円借りたい

大手消費者金融の審査が厳しいのなら、中小消費者金融のおまとめローン。確かに大手消費者金融よりは、甘い審査は認めますが、他社延滞中の申込みは難しいです。延滞がある場合のフリーローンも、おまとめローンも審査通過はできないと思って下さい。

 

多重申し込み者の信用情報

消費者金融会社のおまとめローンの審査では、信用情報を最重視します。総量規制に関しては、おまとめローンは対象外になるので多額になっても大丈夫ですが、銀行系の金融業者は厳しいです。

 

中小消費者金融でも、返済が出来ると判断ができないと、審査は簡単に通らないこともあります。独自審査なら収入が安定してたり、破産者だとしても延滞さえなければ借りられることもあります。収入があること、それも定期的な安定した収入がポイントです。

おまとめローンの審査は厳しい?関連ページ

他社 延滞中 おまとめローン
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、他社延滞中のおまとめローンを解説しています。複数の債務を一つにまとめるおまとめローンですが、総量規制対象外の借入となります。多重債務解消や債務返済の奥の手として活用出来ます。ぜひ、詳細をご覧ください。
多重債務とおまとめローン 中小消費者金融でもある
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、中小消費者金融のおまとめローンを解説しています。中小消費者金融のおまとめローンは審査基準が低く、審査通過の可能性が高いです。金利も高めとなりますので、注意しましょう。ぜひ、詳細をご覧ください。
金融事故とおまとめローン
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、金融事故とおまとめローンを解説しています。金融事故でも返済能力があればまとめローンの借入は可能ですが、延滞では借りることが出来ません。そうなった場合は、債務整理が妥当な手段となります。ぜひ、詳細をご覧ください。
延滞している間は借りられない
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、延滞中は借りられない解説をしています。延滞している状態では返済できないため、おまとめローンの借入は不可能です。信用は低く、審査基準の低い中小消費者金融でも無理でしょう。ぜひ、詳細をご覧ください。
ライフティのおまとめローン
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、ライフティのおまとめローンを解説しています。総量規制以上の多重債務だとして、ライフティのおまとめローンが借りられます。ただ、他社延滞中では審査落ちとなります。同名の闇金に気をつけましょう。ぜひ、詳細をご覧ください。

このページの先頭へ戻る