他社 延滞中 おまとめローン

  1. おまとめローンてどんなもの?
  2. なんとかしておまとめローンを利用したい
  3. おまとめローンは債務返済の奥の手
  4. おまとめローンを利用するにはどうしたらいい?
  5. おまとめローンで多重債務解消

 

 

おまとめローンてどんなもの?

おまとめローンはその名の通り、複数の債務を一つにまとめるものです。

 

例えばA,B,Cという3つの銀行などの金融機関や、消費者金融会社などの貸金業者からの債務がある場合、一つ一つの債務の返済日が違っていることが多いので、支払いが面倒です。また、引き落とし口座も違っていると、その都度資金移動をしなくてはいけないでしょう。その際に振込手数料や、資金移動の際の手数料などもかかります。

 

言うなれば、複数の債務の支払いだけではなく、それにかかる費用も負担しなくてはいけないのです。こういった債務を一本化しようというのが、おまとめローンの目的です。

 

ここで気になるのが、総量規制の問題でしょう。消費者金融会社からお金を借りる場合は、年収の3分の1という規制があるのです。銀行からの借入れは総量規制の対象外ですから、銀行からいくらでも借りたらいいということになるのですが、銀行からお金を借りるのは、かなりハードルが高いのです。

 

返済能力や勤務形態などの属性が重視されるので、3つも他社債務があった場合は、銀行からみると多重債務者であるということになって、ますます融資をしてもらうことができないでしょう。幸いおまとめローンは、消費者金融会社でも総量規制の対象にはなりません。目的のあるローンについては、総量規制対象外となるのです。おまとめローンは、その融資自体の目的が決まっているので、消費者金融会社でも総量規制の対象外ということですね。

 

借換えということで、住宅ローンの場合は返済利息が少なくなることがあるので、メリットは大きいです。それと同じようなイメージをおまとめローンにも求める人が少なくないでしょう。しかし、おまとめローンの場合は返済利息が少なくなる場合もありますが、反対に高くなることもあります。

 

利用するおまとめローンの金利にもよるのですが、多額の債務となると、それなりに消費者金融会社の利用も大手から中小消費者金融会社に移る場合もあるでしょう。そうなると金利も高くなるので、おまとめローンでの利息の総額に、それほど旨味があるわけではないことに気がつくのです。

 

それよりも、おまとめローンをすることのメリットは他にあるのです。というのは言うまでもなく、おまとめローンの目的でもある債務の一本化なのです。これによって、銀行の場合は3社から借入れをした場合は、多重債務者といったレッテルを貼られることが多いのですが、債務を一本化すると、多重債務者のレッテルを返上することができるのです。

 

多重債務だから、新たな融資を銀行から受けることができなかったのなら、これによって銀行から新たにお金を借りることができる点は大きいです。また、それは消費者金融会社のおまとめローンにも言えることです。おまとめローンの審査は、それほど厳しくないという指摘もあります。それまで複数の債務を返済してきたのですから、それを考えると確かにおまとめローンの審査は通りやすいと考えていいでしょう。

 

もっとも、他社借入れが多くなりすぎると、おまとめローンの審査にも通らなくなります。それは消費者金融会社側からも、多重債務者であるとレッテルを貼られた場合です。消費者金融会社が多重債務者と見る債務数の目安は、4社以上とされているので、4社から借入れがある場合はおまとめローンを利用するのは難しいかもしれません。

 

多重債務となると、どうしてもやりがちなのが、他社延滞中といった状況になることです。うっかりミスで引き落とし口座にお金を入れていなかったということでも、立派な延滞となるのです。すぐに気がついて支払いを済ませた場合は、信用情報機関に延滞情報が記録されない場合もあるのですが、消費者金融会社や銀行などには、そういった情報が個別に記録されます。

 

また、信用情報機関に延滞したという記録が残ってしまうと、返済すればまだましですが、延滞中ということになると属性は一気に下がってしまうでしょう。延滞が常態化することによって、ブラックになることは多いです。

 

そうなると、多重債務者どころか債務整理あるいは、自己破産に陥ってしまうこともあります。そういったときに、おまとめローンに融資の申し込みをしても、審査に通らないと思ったほうがいいでしょう。

 

おまとめローンとなると、複数の債務を一本にまとめて返済しなくてはいけないので、複数の残債の合計を借りるようにしなくてはいけません。そのため、それくらいのお金を借りるための返済能力が、審査されるのです。それまで、複数の他社借入れの債務を滞りなく返済していたのでしたら、おまとめローンの審査にも通りやすいでしょう。

 

できれば銀行のおまとめローンのほうが、金利が低いので利息も少なくて済むのですが、銀行の場合は、他社借入れ数が3社でも、多重債務となって審査に通らないことが多いです。ですから、他者借入れが3社の場合は、消費者金融会社などの大手消費者金融業者に融資の申し込みをするようにしましょう。

 

 

 

なんとかしておまとめローンを利用したい

クレジットカードのキャッシングのしすぎで、多重債務になる人も少なくないようです。

 

もっともクレジットカードのキャッシングというのは、少額の借入れを想定しているので、それに数十万円の利用をするというのは考えない方がいいでしょう。というのも、クレジットカードのキャッシングは金利が高いので、借りて毎月返済するのは現実的ではありません。

 

そうするくらいでしたら、消費者金融会社や銀行カードローンに申し込んで、クレジットカードのキャッシングによる債務を精算したようがいいでしょう。クレジットカードでキャッシングをしまくると、肝心のショッピング枠も圧迫してしまいます。そうなると、いざというときの買い物ができなくなるのです。

 

クレジットカードで高額キャッシングをするのは気をつけたほうがいいですし、そうするくらいでしたら、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンを利用するようにしましょう。また、そういったことが高じて、複数の他社債務となってしまうのです。

 

そうなると利用したくなるのが、債務の一本化のおまとめローンです。借入がまだ2社の金融会社からといったことでしたら、おまとめローンも借りやすいです。また、銀行のおまとめローンの利用も可能です。傷口が狭い時期になんとかしておまとめローンを利用して、返済しやすくしてできるだけ早い時期にローンを完済するようにしましょう。

 

 

 

おまとめローンは債務返済の奥の手

おまとめローンは複数の債務。いわゆる、多重債務者の最後の奥の手と言えます。しかし、奥の手であるおまとめローンもこれまでの返済がきつすぎて、延滞をしたことがあるといった事実があれば、それも返済済みということであっても、延滞をしたという事実は残ってしまうので、おまとめローンの審査に通らないことが多いです。

 

多重債務者がブラックといった金融事故に陥ることはよくあります。そうなると任意整理をするか、自己破産になってしまうことは少なくありません。加えて、信用情報はますます失墜するのです。

 

ブラック状態になってしまうと属性も地に墜ちてしまいますから、新たな借入れはできなくなりますし、そこにいたるまでに既にクレジットカードの利用も停止されているはずです。ですので、そうならないためにも、いつでもおまとめローンがりようできるような状態にしておきたいので、延滞などは絶対にしないようにしたほうがいいです。

 

他社延滞中の人が、おまとめローンの審査に通るわけがないということをしっかりと覚えておいたほうがいいでしょう。いずれにしても、延滞をしたということは信用情報を著しく傷つけたと考えていいです。

 

 

 

おまとめローンを利用するにはどうしたらいい?

複数の債務を解消したいのでしたら、一つ一つの債務の返済を地道にこなしていくよりも、そういった複数の債務を一本化するほうがいいでしょう。それがおまとめローンです。

 

おまとめローンにすると返済額が大幅に減るのでは?と考える人もいるかもしれません。しかし、それほど大きく総返済額、つまりは債務残高というのは変わりはありません。それよりも、返済日や返済口座が一本化することにメリットを感じるべきでしょう。

 

それと、これまでに返済について延滞をしたことがあるといった人は、おまとめローンの審査に通らないことが多いです。というよりもかなり不利と言えるでしょう。カードローンなどの契約にも書かれていますが、借りたら返す、延滞した場合は、遅延損害金を支払ったら済むということではないのです。

 

延滞というのは、明かな契約不履行ですから、延滞をしたということはなかなか消えることがありません。たとえうっかりミスであっても延滞は延滞となるので、十分注意したほうがいいでしょう。すでに、他社延滞中で返済が苦しいからと言って、その時点でおまとめローンに融資の申し込みをしても、審査に通ることはないでしょう。

 

 

 

おまとめローンで多重債務解消

多重債務をなくしたいのでしたら、一つ一つを地道に返済していくしかありません。そして、何かの折におまとめローンの申し込みをしてみましょう。ひょっとしたら審査に通るかもしれません。

 

他社延滞中ということであれば、大手消費者金融会社のおまとめローンの審査に通ることはないでしょう。そういったときはネットの口コミ情報などから、他社延滞中だけども、おまとめローンの審査に通ったといった人の情報を探してみましょう。

 

大手消費者金融会社ではほぼ無理ですが、中小消費者金融会社のおまとめローンでは、審査に通る可能性があるかもしれません。というのも、信用情報機関に加盟せず、独自審査をする中小消費者金融会社は数多くあります。

 

中小消費者金融会社でおまとめローンを用意しているところは少ないので、まずは、おまとめローンを提供している中小消費者金融会社を探して申し込んでみましょう。口コミサイトなどで、他社債務を延滞中の人がおまとめローンを借りることができたという情報があったら心強いですね。

 

いずれにしても、他社延滞中の人がおまとめローンの審査に通るのは、かなり難しいと考えていいでしょう。可能性は限りなくゼロに近いと思ったほうがいいと思います。

 

他社 延滞中 おまとめローン関連ページ

おまとめローンの審査は厳しい?
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、おまとめローンの審査は厳しいか解説しています。おまとめローンの審査はフリーローンより厳しいです。申込者が多重債務者であるため、よほど完済されると保証されなければ対応がなされないほどです。ぜひ、詳細をご覧ください。
多重債務とおまとめローン 中小消費者金融でもある
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、中小消費者金融のおまとめローンを解説しています。中小消費者金融のおまとめローンは審査基準が低く、審査通過の可能性が高いです。金利も高めとなりますので、注意しましょう。ぜひ、詳細をご覧ください。
金融事故とおまとめローン
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、金融事故とおまとめローンを解説しています。金融事故でも返済能力があればまとめローンの借入は可能ですが、延滞では借りることが出来ません。そうなった場合は、債務整理が妥当な手段となります。ぜひ、詳細をご覧ください。
延滞している間は借りられない
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、延滞中は借りられない解説をしています。延滞している状態では返済できないため、おまとめローンの借入は不可能です。信用は低く、審査基準の低い中小消費者金融でも無理でしょう。ぜひ、詳細をご覧ください。
ライフティのおまとめローン
おまとめローンについてお調べですか?当記事では、ライフティのおまとめローンを解説しています。総量規制以上の多重債務だとして、ライフティのおまとめローンが借りられます。ただ、他社延滞中では審査落ちとなります。同名の闇金に気をつけましょう。ぜひ、詳細をご覧ください。

このページの先頭へ戻る