おまとめローン 遅延中

  1. 延滞中の申し込みはできない おまとめローンも難しい
  2. 延滞中のおまとめローンの方法と可能性
  3. 延滞中の借り入れはできない 債務整理がオススメ
  4. 延滞中でおまとめローンができた!
  5. 延滞中の借りれるは危険 おまとめローンもできないはず

 

 

延滞中の申し込みはできない おまとめローンも難しい

消費者金融で借りられない、ひょっとしたらブラックになった?
ブラックとは、何かしらの金融事故などがありますが、直近の返済をしていない場合も借りれないです。この時返済をしたのなら、キャッシングができることがあります。

 

数日の遅滞であれば、金融事故にならない、ブラックとして借りられないことはないです。
数日の遅滞が1回だけ。今回の返済が初めてで、単にど忘れしている場合です。
しかし、実は延滞中の借り入れがある。それが返済ができない時は、それが延滞になってしまい、そのままではブラックです。

 

延滞中は借りられない

遅滞で慌てて返済した後にキャッシングができるのは、1回だけ、それも遅滞は数日です。
それが先月であったり、それ以前の延滞ではキャッシングができなくなってしまう金融事故者になります。

 

契約しているカードローンはもちろんですが、その他の金融業者の申し込み、新規キャッシングも絶対にできないです。甘い審査の中小消費者金融でも、審査には通らないと言われています。

 

 

延滞中になったら

とにかく借り入れしている金融業者に連絡を入れることです。
延滞の金額にもよるのですが、完済できるめどを確認します。今は返せないのであれば、いつなら返せますか?いくらなら返せますか?という質問が続きます。

 

大手消費者金融、銀行カードローンでは、延滞中の連絡でも対応してくれます。
その前に返済ができないことで、連絡がきます。この時に適当に返済しますではダメで、返せないのなら返せないで今後のことを相談することができます。ベストなのは、延滞前に相談をすることですが、消費者金融ならおまとめローンの方法もあります。

 

延滞とおまとめローン

返済できないのなら延滞や延滞してしまうことがある。
それなら、低金利のおまとめローンにすることで、毎月の返済を低くすることができることがあります。それは、延滞した後の申し込みではできないことが多いです。
延滞中は、どんなキャッシングの申し込みも借りられない可能性が高いです。

 

中小消費者金融でも甘い審査のおまとめローンがありますが、新規申し込みでは良い顔をされないでしょう。数日の遅滞以外では、延滞しそうな時に、金融業者に連絡。その時に低金利のおまとめローンなどの検討をすることです。

 

個人信用情報機関でも、返済日に入金されないことが、金融事故として記録されます。
許容範囲は、1回だけのうっかり未入金です。そこだけは、全金融業者でも対応してくれるのですが、2回目以降はブラックになります。

 

信用情報で未入金の間は、新規申し込みは受付ないです。
個人信用情報機関の内容は、正規の金融業者なら、情報共有をしているので、他店の金融事故も筒抜けです。もし、おまとめローンをしたいのなら、延滞前がポイントです。

 

 

 

延滞中のおまとめローンの方法と可能性 

消費者金融の審査では、いかなる時でも延滞中の審査通過はできないとされています。
特に大手消費者金融も銀行カードローンでは、金融事故そのものが審査通過ができない条件です。

 

では、中小消費者金融ではどうでしょう?大手消費者金融、銀行カードローン審査落ちでも借り入れができる口コミが多いですから、延滞中でも借りれる?

 

中小消費者金融の判断

実は、甘い審査の中小消費者金融でも延滞中の申し込みは審査に通らないです。
審査では、延滞の金融事故があると、それが今回だけであるか?
今回延滞で借りたい目的なども探っていきます。

 

たまたま返済をしていないだけで、すぐに解消ができる場合、端っから返済ができないのに、堂々と申し込みをしている場合。ほとんどの場合は後者の借り入れ目的が返済できない人であると判断してしまいます。そこで、甘い審査ですが、借り入れができない審査通過ができないとなります。

 

本人が延滞中と言わなくても、信用情報の確認でバレるので、金融事故がないふりをしても無駄です。ブラック対応の中小消費者金融では、多重債務や債務整理の情報もすべて個人信用情報機関が照会されます。ですから、中小消費者金融でも延滞中の新規キャッシングができないようになってしまいます。

 

 

延滞中という事故情報

金融事故が延滞中ですが、大手消費者金融と銀行カードローンには行かないことです。どんな理由でも対応しないでしょう。

 

しかし、最後の頼みとして、金融事故でも借りれる中小消費者金融に頼みの綱として話しをすることができます。この場合、対面審査の金融業者を選択、おまとめローンの金融商品があることが条件です。

 

おまとめローンとは?

多重債務が1つのおまとめローンに借り換えする商品です。
この場合延滞中の多重債務について、返済ができるだけの返済額の調整をしたいことを伝えます。無謀な要求ですが、収入証明書があり、今より少ない返済額であれば完済ができることを伝えます。

 

信用されるかどうかの保証はないのですが、ブラック承知でこの中小消費者金融のおまとめローンの申し込みはやってみる価値はあります。多重債務と借入額が少ない場合ですが、甘い審査で評判であれば、延滞中も1ヶ月程度で返済日からそんなに経っていないことが条件です。

 

これも新規では難しい

とは言え、延滞中のおまとめローンの申し込みはハードルが高いです。
延滞中は返せないというのが定説で、どんな事情で返せなかったかが問題になります。
ここでウソではない事実だとしても信用されるためにできることは、やはり返済をすることしかないのは事実です。

 

そこで、既に取引がある中小消費者金融であれば、可能性はゼロではないのですが。
延滞中のおまとめローンも新規キャッシングもできない場合があると思った方が良いでしょう。

 

 

 

延滞中の借り入れはできない 債務整理がオススメ

ブラック対応、ブラックOKの中小消費者金融はブラックリストでも借りれる可能性があるということです。

 

ブラックリストとは債務整理をした方を指すことが多いですが、多重債務者や申し込みブラックなどで、個人信用情報機関に金融事故である異動情報のついている方です。その中で、最重要の金融事故は延滞です。

 

延滞しているけれど借りれる

そんな情報は、正規の金融業者では絶対に言わないです。
大手消費者金融ではもちろんですが、中小消費者金融や街金でも、延滞している部分の返済をしたら、審査をすると言われます。その他の事故情報では甘い審査ですが、返していない方も借り入れができないです。

 

しかし、中小消費者金融では延滞していた方の信用情報では話しが違います。
延滞が現在進行形ではないことを確認したら、借りれることがあります。

 

これは、他社の返済ができないから、今ここで借りて返済しようとしている。
この借りたお金も返せない人なのではないか?という不信感があります。
甘い審査でも、お金を貸すための審査では、簡単に貸す事はできないからです。

 

 

債務整理とは違う

延滞の中で、債務整理後の対応は全く違います。
債務整理をしている間は、延滞中になります。この時の中小消費者金融の申込みでは、債務整理ができないことになるので、絶対に申込みはしないことです。

 

債務整理では、現在の債務がきっと減るはずだから、きっと返せる。
こんなことは、債務整理が完結してから申込みしてくれと言われることです。

 

また、債務整理の時の延滞については、仕方のないことです。
債権者の判断待ちですが、この間のキャッシングはできないと思いましょう。
そして、延滞中で債務整理というのは、ベストな選択であり、完結してからの中小消費者金融の申込みができます。

 

延滞中は借りれない

おまとめローンにしても申込みをしても審査落ちです。
返せるというのは、口だけと判断されるので、完済したり、債務整理をしてから申込みをしましょう。これが延滞前であれば、話しは別です。

 

今月の返済ができない。この状態で中小消費者金融のおまとめローン申込みでは、金融事故で延滞の記録がないことから、審査が通ることになります。

 

もう少しで延滞中になるところだった、延滞してしまったの違いはものすごく大きいです。債務者の借り入れで、多重債務と多重債務+延滞中では、金融事故の重さは全く違うので、延滞中になる前に行動を起こすことが不可欠です。

 

現在、延滞中の方へ

返済見込みがあるのなら、延滞から時間が経ってしたとしても、それぞれの金融業者に連絡をしてください。そして借り入れができない状態であれば、債務整理をしましょう。

 

この時点でのおまとめローンも極めて困難とされるので、債務整理してからの中小消費者金融の申込みがオススメです。ちなみに、任意整理や個人再生の返済中で借りれる中小消費者金融もあります。

 

 

 

延滞中でおまとめローンができた!

消費者金融の借り入れの延滞をしてしまった。
その理由は人それぞれですが、もし思いもしない事故であったとしたら?

 

実は延滞中でおまとめローンができた体験談です。

 

本当にあったこんな話し

延滞中だけど、奇跡的におまとめローンに成功された方もいます。
ただし、誰でもできる方法ではなく、一部の限定的な話しですが。

 

カードローンのキャッシングで、金融事故もなく、順調に返済をしていましたが、交通事故に遭い、長期の入院を余儀なくされました。当然日常生活ができるものではなく、入院してからの返済が滞納中になりました。

 

返済ができていないと、登録電話番号と住所に請求がきます。入院中ですから、全てスルーです。消費者金融では事情を知らないですから、延滞中でブラックリストです。個人信用情報機関にもその記録が付きます。

 

他のクレジットカードの返済があれば同様ですし、税金関係、公共料金も同じです。
予期しない事故で入院、返済ができない事態では、当然延滞中のブラックリストになります。

 

 

退院後の対応

日常生活に戻るために延滞のものを片付けていくことになります。
大手消費者金融プロミスでは、こうした場合30日間の返済延期ができます。
その時に診断書が必要になりますが、対応はしてくれます。
信用情報には金融事故は付きます。連絡もしないで延滞中の場合も改めて連絡をします。

 

診断書があれば、延滞の理由は納得してくれますが、延滞の金融事故はそのままです。
その時に、遅延損害金なども完済をしたのなら、取引のある金融業者では全て解決してしまいます。入院は不測の事態であり、それまでの信用情報で信用してもらうしかないです。

 

このタイミングでおまとめローン

今回は金融事故が付いたのですが、収入が安定していて、例えばまとまった保険金がでたなどの理由で、おまとめローンの申込みができることがあります。

 

審査としては、延滞中の理由が入院であったこと、それまで金融事故がないこと、安定した返済能力があるなどの条件で、低金利のおまとめローンの借り換えができる場合があります。

 

消費者金融としては

もともと優良な利用者であることが前提です。
この方法で、なんとか返済を遅らそうと企てる方もいそうですが、信用情報で完ぺきでなければならないです。

 

入院で延滞中になり、事情を話してのおまとめローンの提案。できないことはないですが、過去に金融事故があったり、安定な収入などでは対応ではないでしょう。実際にこのようにして延滞中でもおまとめローンができた方はいます。

 

消費者金融や金融業者との信頼関係が功を奏すことですが、悪用は厳禁であり、簡単にできることではないです。ちなみに馴染みの中小消費者金融などとの取引では、話しは早いと言います。こちらも完済していたり、返済実績がある方の話しです。

 

 

 

延滞中の借りれるは危険 おまとめローンもできないはず

延滞中でも借りれる。延滞中のおまとめローンができたという情報がありますが、実際記事内容では、それができないことであることがわかります。

 

ただし、消費者金融と銀行カードローンの関係では、信用情報の照会でできる場合もゼロではないです。

 

銀行カードローンはおまとめローンはできない

消費者金融のおまとめローンは、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠が対象です。ですから、銀行カードローンの借り入れは総量規制対象外であり、おまとめローンはできないです。

 

消費者金融の分を銀行カードローンの低金利の借り入れをすることは可能です。
審査に通ればの話しですが、あまり現実的ではないです。
これは、銀行カードローンは消費者金融の審査よりも厳しいとされているからです。

 

しかし、銀行カードローンの借り入れは最初から総量規制以上の借り入れができます。
ということで、消費者金融の延滞中で銀行カードローンでのおまとめローン。まずできないです。

 

信用情報では、銀行と消費者金融の情報は完全に共有しています。
個人信用情報機関での異動情報と言う金融事故がある時点で借りられないです。
どんな貸金業者であったとしても、延滞中の受付はしていないです。
中小消費者金融でも同様であり、銀行カードローンも消費者金融カードローンも全滅です。

 

 

延滞中でも借りれる闇金

最終的にはこんな感じになってしまいます。
闇金は、審査が独自です。たいてい個人信用情報機関の内容は見ないですから本人からの申告だけです。正確に多重債務などの確認もしないので、闇金の独自審査に落ちないです。

 

基本的にはどんな人にも貸す、審査そのものもいい加減なものです。
ですから、闇金利用者は、延滞中のおまとめローンもできたり、お金をかりることができます。

 

これはオススメしないです。
闇金とは、ルールがないのでどんな人でも借り入れができます。
闇金が怖いのはこのルールがないことで、本来は延滞中で信用がなく借りられないとされている方でも、貸します。どんな理由があっても高金利での返済をしないと、怖い目に遭わす。これが闇金の手法であり、ルールなきキャッシングに走ることは危険です。

 

闇金のサイト、多すぎ

延滞中で沈んだ心に入り込む甘い勧誘はとても多いです。
現在、大手消費者金融、中小消費者金融などで借りた方は審査通過者です。
それが本当のキャッシングであり、延滞中の借り入れができるというのは、間違った金融業者であり、闇金です。甘い勧誘キャッシングは多いですが、延滞中は借りれない。はっきり断言できます。

 

闇金などでは、借りれる感じのサイトになっていたり、申込みも曖昧なフォームです。
延滞中の方は、今の返済ができないのなら、債務整理がオススメです。
返済は遅延損害金などもあるのですが、債務整理で解決できる可能性は大きいです。

 

はっきり言って延滞は債務整理しか方法がないです。
返せない借金は、きちんと法的に解決をしましょう。

 


このページの先頭へ戻る