口コミが高いライフティのお申し込み審査ってどんな感じ?

口コミが大変高くご利用者が多いライフティですが、お申し込みと審査もとても定評があります。
どのような内容なのか、お申し込みと審査の流れやポイントなどを詳しくご紹介致します。

 

まずは公式ホームページの「0.3秒診断」をご利用してみよう

お申し込みの前に、ライフティの公式ホームページにある「0.3秒診断」をご利用して、審査に通るか否かを確認してみましょう。
0.3秒診断により、借入が可能かどうかの目安とする事が出来ます。
0.3秒診断では、このような項目を入力していきます・

 

  • 年齢
  • 年収
  • 他社からの現在の借り入れ件数
  • 他社からの現在の借入金額

 

この4つの項目を入力し、借入可能か否かの診断となります。
入力項目を確認するとわかるのが、お名前や住所などの個人情報は一切記載しなくてOKという事です。
その為、どなたでも気軽に0.3秒診断を受ける事が出来ますので、是非事前に診断を受ける事をオススメします。
0.3秒診断で融資可能と出ても間違いなく審査に通るとは限りませんが、あくまで目安となりますので是非ご利用してみましょう。

 

ライフティのお申し込みと融資までの流れ

ライフティのお申し込みを融資の流れは、このような内容となります。

 

お申し込み

ライフティのホームページを少しスクロールすると出てくる赤くて大きなボタン「今すぐお申し込み」をクリックし、必要事項を記載致します。
ライフティのお申し込みフォームの項目は多いという口コミも多いので、5〜10分ほどかかってしまう事がありますので、時間に余裕を持ってお申し込みをするようにしましょう。
インターネットのお申し込みは24時間365日受け付けしてくれますので、夜中でも明け方でもいつでもご利用が可能となります。
また、メールやお電話でもお申し込みが可能となります。

 

審査

お申し込みフォームに記載した個人情報を元に、審査を行っていきます。
審査の際は、本人確認書類(運転免許証、パスポート、社会保険証など)が必要となります。
内容によっては、収入証明書類が必要となる場合もございます。
ライフティと保証会社により所定の審査となり、お客様の内容によっては審査に時間がかかってしまいます。
現在の借り入れ件数や金額を信用情報機関で照会し、貸し付けがあるのかを確認されます。
また、過去の債務整理等の債務状態もチェックされ、それらも全て加味して融資可能なのかどうかの審査となります。
また、必要な場合在籍確認が行われますので、職場やご自宅に電話確認がいく事もございます。
在籍確認は個人名でかかってきますので、ライフティの名を名乗る事は一切ございませんので安心です。
審査の結果は、お申し込みフォームに記載頂いた連絡先に、電話かメールにてご連絡が来ます。

 

契約

審査に通った方は、審査結果に基づいた契約内容を確認していただき、問題が無いようであれば契約となります。
契約書類は、ご自宅へ郵送となります。
郵送された契約書に必要事項を記載し返信する事で、契約完了となります。

 

借入れ

契約完了後、借入となります。
振り込みか、キャッシュカードでのご利用となります。
キャッシュカードでのご利用は、全国のセブン銀行のATMでご利用が可能となります。
契約した日に即日融資が可能となりますが、お申し込み時間によって翌営業日の融資となってしまう場合があります。

 

お申し込みから審査までの時間ってどれ位?

ライフティのホームページを拝見すると即日融資と記載があるので、即日で借入れが可能なのかと期待してしまう方も多いと思います。
しかし、実際は審査に丁寧なライフティ独自の進め方により、即日融資にならない確率が非常に高い傾向があります。
口コミを拝見すると、早くても4日、長い場合は1か月程かかったという声も多くあります。
長く審査にかかってしまった方の共通点は、内容に不備がある方のというのが大半となっております。
審査に時間がかかってしまう方は、このような方となっております。

 

個人情報の記入ミス

焦ってしまうのか、お申し込みの際に個人情報の記載のミスをしてしまう方は審査に時間がかかってしまいます。
お申し込みの際は、記載した内容を今一度確認して間違いない内容なのかをチェックしてからお申し込みをするようにしましょう。
ライフティはお申し込み者が非常に多いので、このようなミスの方が後回しにされてしまう傾向があるようです。

 

他社からの借り入れが多い方

他社から借入れ件数や借入金額が多い場合、審査に時間がかかってしまう傾向があります。

 

在籍確認が出来ない

何らかの理由で在籍確認が出来ない方は、審査が後回しとなってしまい時間がかかってしまいます。

 

この様な傾向の口コミが多いので、審査に時間を掛けない為にはこれらの状態が無いようにする事が大事となります。

 

ライフティのホームページに記載している即日融資ですが、現実としては難しい傾向があるようです。
しかし、ホームページに記載しているのですから、即日融資が出来ないという訳でもないようです。
どうしても即日融資としたい場合は、これらのポイントに適している方であれば可能となる場合もあります。

 

早い時間に手続きを行う

ライフティ開店同時にお申し込みをする事で、早く審査が通る可能性があります。
お電話でのお申し込みも可能であり、平日9時30分から受け付けをしておりますので、その時間に合わせて即お申し込みをお願いしましょう。

 

信用情報に全く問題が無い

過去の遅延や債務整理、他社からの借り入れの多さなどの信用情報の傷が一切無い場合、スムーズに審査に通る事があります。
特に、信用情報が物凄く高い場合、素早い審査が可能となります。
ただし、初めてのキャッシング等信用情報に全く情報が記載無い場合は、逆に怪しいと認識されてしまい審査が通りにくくなる可能性もあります。

 

希望融資金額を最初から多くしない

希望融資金額を最初から高くしてしまうと、高いなりの審査となってしまいますのでオススメ出来ません。
希望融資金額は、最初は少ない金額からお願いするようにしましょう。
理想は、5〜10万円程度となります。
低い融資金額できちんと支払い続けると、半年くらいで増額申請となりますので借入金額を多くする事が可能となります。

 

お申し込み内容に虚偽が無い

お申し込み内容に全く虚偽が無く、書類にも不備が無いと審査がスムーズに進む傾向があります。
ライフティは自動審査ではなく独自審査ですので、虚偽があると審査担当者に対し非常に印象が悪くなり、審査に時間がかかったり通りにくくなってしまいます。

 

即日融資にしたいとあらかじめお願いしておく

即日融資にしたい場合は、電話にて急いでいるという事をとにかくお願いしていく事が大事となります。
電話を受けたスタッフも、急ぎとわかればなるべく柔軟な対応と取ってくれる傾向があります。

 

これらのどれも欠けない状態であれば、即日融資に繋げる事も可能となる場合があります。

 

土日祝日の審査は可能なのか

お申し込み自体は24時間365日行っておりますが、審査は平日しか行っておりません。
その為、土日祝日は審査を行っておりません。
土日祝日にお申し込みをした分の審査は、翌営業日での診査となってしまいます。
お急ぎじゃなければ良いですが、お急ぎの場合はなるべく平日のうちにお申し込みをしておく事をオススメします。
契約さえしてしまえば、融資や返済は提携ATMであれば24時間365日ご利用可能となります。
ただし、振込融資は銀行営業時間以外は無理となりますので、土日祝日はご利用出来ません。

 

いかがでしたでしょうか。
このような審査の流れによって行われますので、把握してお申し込みをされる事をオススメします。
素早い審査になるよう、これらのポイントを踏まえて忠実にお申し込みをしてみましょう。
審査には多少時間がかかりますが、柔軟な対応が可能な消費者金融として高い口コミを得ている人気の消費者金融となります。

口コミが高いライフティのお申し込み審査ってどんな感じ?関連ページ

ライフティをご利用された方の口コミとは
ライフティをご利用された方は、このような口コミが多くあります。どのような口コミがあるのか、ご紹介致します。〇ライフティをご利用された方の嬉しい口コミとは。ライフティをご利用された方には、このような嬉しい口コミがあります。
口コミの高いライフティってどんな消費者金融なの?
ライフティというお名前は、あまり耳にしたことが無いという方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、ライフティの元々の企業名はゼィープラスというお名前でした。2014年に社名を変更し、ライフティという企業名となりました。ゼィープラスは1991年創業の企業ですから、長い間消費者金融として運営されてきた企業となります。
口コミで人気のライフティのおまとめローン
ライフティには、一般的なキャッシングの他におまとめローンがございます。大変人気であり、多くの嬉しい口コミがございます。どのようなおまとめローンなのか、口コミも含めてご紹介していきます。〇ライフティのおまとめローンってどんな人がご利用出来るの?ライフティのおまとめローンは、このような方がご利用対象となっております。
口コミの高いライフティは自営業や個人事業主でもご利用可能なの?
ライフティは審査に柔軟な部分が人気の消費者金融ですが、自営業や個人事業主、フリーランスでもご利用が可能なのでしょうか。自営業や個人事業主、フリーランスはハードルが高い傾向がありますので、審査に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。自営業や個人事業主、フリーランスのライフティの審査について、まとめてみました。
ライフティ口コミ 審査
審査が凄く甘いライフティであれば在籍確認さえ忘れなければお金を借りれたも同然という口コミもありましたので、そんなに厳しくないキャッシングなんだと思いました。
ライフティ口コミ 審査基準
大手の消費者金融の審査に全然通らない人でもライフティであればさすがに通る可能性があるでしょう 審査はブラックでも多重債務でもカードで借入OKだから比較的何処よりも利用しやすいのが事実でした。ライフティの融資は小額融資が可能なので返済もすぐに完了出来るでしょう
ライフティ口コミ 電話
電話で申し込みした人の口コミによればライフティの電話対応が凄く良かったのと在籍確認なども凄く丁寧に対応してくれたから、信頼出来る会社と思った人もいるようでした。
ライフティ 口コミ カード
大手では絶対無理なカードローンだってライフティのカードローンであればブラックでも利用可能なカードローンキャッシングとして、再びカードでお金が借りれるようにもなってくれるでしょう。
ここは良い!ブラックにも人気のライフティ
ネームバリューのある大手消費者金融は、どこも審査は同じように行われています。ですから、1社で審査が通らなければ、他のところの審査も難しいです。ところが、中堅消費者金融や中小消費者金融においては、審査規準が違います。
ただ甘いだけではなくライフティの審査
正規消費者金融であるライフティは、大手消費者金融での審査に落ちた方にも審査の機会を与えてくれるということで口コミでも評判になっています。全員が必ず借入ができるのではなく、収入がなければ対応していないのですが、大手消費者金融とは違う審査規準があるため、借りられる方の数はとても多いでしょう。
口コミから学ぼう
ライフティの口コミを集めてみました。「多重債務者で他の消費者金融では全て審査落ち、ライフティだけが貸してくれた」「過去に滞納や遅滞が多かったけれど、ライフティの審査が甘いと聞いて申込をしたら、希望額の10万円を借りられた」
ライフティのサービスは大手並
ライフティの口コミの中で、中堅消費者金融にはない大手並のサービスを挙げる方が多いです。キャッシングのための専用カード、お客様ダイヤルと女性専用ダイヤルの設置、コンビニなどで返済多数料の無料化などです。このようなサービスは、中堅消費者金融ではあまりなく、お金は必ず振込、FAXで書類のやり取りなどしかない場合がほとんどです。
ライフティの評判は嘘ではない
ライフティは闇金ではありません。それとは真逆の優良消費者金融ですが、あまり宣伝をしていないので、一見すると大丈夫かな?と思う方も多いのは確かです。
ライフティにはどんな金融商品があるの?
ライフティは新宿歌舞伎町にある中小消費者金融会社です。ライフティは二つの金融商品を用意しています。一つは通常のカードローンで、もうひとつはおまとめローンです。カードローンのほうは1,000円からの借り入れが可能なのが特徴となっていて融資限度額は500万円です。
融資を受けたいけど金利が高くて大変
返済は先述していますが、元利均等返済となっています。総額は元金均等返済よりも多くなってしまうのですが、毎月の返済額が一定なので返済計画が立てやすく返済しやすいというメリットがあります。もっとも、繰り上げ返済もできますから、できるだけ早く、短い期間で返済するに越したことはないでしょう。
ライフティの審査がどうなってる?借りやすいの?
ライフティは金融屋ですから、貸し金業ということになります。銀行と比較しても金利はどうしても高めになってしまうのですが、その分審査は緩くなっているのです。実際に銀行で融資を断られても、ライフティでは審査に通ったという人は多いはずです。というよりも、銀行よりも大手消費者金融会社のほうが審査が緩いですし、さらにそれよりも中小消費者金融会社のほうが審査が緩いのです。
どうしても融資をしてもらいたいときは?
基本的に融資の駆け込み寺としての存在感を発揮しているのが、大手消費者金融会社に次ぐ中小消費者金融会社です。ライフティもその一つと考えていいでしょう。貸金業者ですから、総量規制の対象となるカードローンですが、借入金額の総額を気にしながら融資を受けることができます。
ライフティの口コミ評価はどうなってるの?
カードローンとおまとめローンという融資の中でも必要最小限で利用価値の高い金融商品を用意しているライフティは、中小消費者金融業者の中でも評価の高い貸金業者といえます。銀行カードローンの審査に落ちて、意気消沈している人にとっては駆け込み寺的な存在と言ってもいいでしょう。借り入れがしっかりできますし、融資の申し込みもネットできる手軽さです。

このページの先頭へ戻る