信用情報機関の照会で決まる融資決定

キャッシングやローンは何と言っても信用情報が一番大切です。
インターネットなら365日24時間受け付け可能なライフティは中小消費者金融ですが、申込の時に入力をする自分のデータ以外に、信用情報機関に照会をして、融資の可否を無決めます。
どこの金融機関でも同じ対応です。

 

即日融資ができるのは、ライフティ側で問題がないとされた方で、その基準についての公表はありません。
ただ、口コミなどでは、大手消費者金融よりは審査がゆるいけれど、契約に関する提出書類の量がとても多いとのことです。

 

大手消費者金融の場合、信用情報機関の照会とその方の身分証明と在籍確認だけで即日融資が可能です。
銀行カードローンなどの場合も、所得証明書などの書類は、300万円以上の場合のみとなっていることで、信用情報に問題がなければ原則即日融資ができます。

 

しかし、ライフティを含むブラックOKの中小消費者金融の場合、所得証明書などの書類を郵送した上で、改めて審査を行うことが多いです。
ですから、融資まで時間がかかってしまうのです。

 

提出した書類は今の経済状態と返済能力を見るものですが、信用情報機関に関しては、過去の返済状況の確認です。
はっきりいって、ここの審査に時間をかけます。

 

ブラックOKで評判のライフティの場合、信用情報で傷があることを問題視するのではなく、債務整理をしたのなら完済をしているか、過去の滞納記録などを独自の審査基準で確認をするというものです。

 

ですから、全てのブラックがOKではなく、書類を郵送してから、電話での問い合わせがきたり、なかなか返事をもらえないこともあります。
信用情報の内容がどのくらいのものなのか、それによって融資期間がどんどん遅くなってしまうのは仕方のないことでしょう。

信用情報機関の照会で決まる融資決定関連ページ

即日融資を受ける人受けられない人
今お金が必要な方にとって、「即日」の言葉は魅力的です。消費者金融では、店頭や無人契約機、電話などでも対応していますが、最近ではパソコンやスマホでWEB完結で申込を完了することも可能です。 数時間で入金できます。
申込時間を考えなくてはならない
インターネットを使う事ができる消費者金融では、24時間365日の受付をしています。ただし、受付だけです。ブラックOKと言われるライフティでは、平日の営業時間なら、対応はしてくれますが、土日などはおやすみです。
ライフティの即日融資は難しい?
債務整理をしたり、キャッシングやローンの返済で遅滞や滞納をした方は、自身の個人信用情報機関では、その記録が残ります。もちろん順調な返済も全て記録として残されています。金融会社では、この個人信用情報機関ホ元に、融資の受付のときには審査対象として照会をします。

このページの先頭へ戻る