最初に本人確認、後で職場確認

ライフティは、審査が甘い中小消費者金融として知られています。

銀行カードローンや大手消費者金融などの申込ができなかった方、他社で審査落ちした方でも、借入ができると評判になっています。
審査が甘いというだけで、助かっている方も多い反面、審査がうるさいとの評判もあります。

 

電話が早い

まず、ライフティに申込をすると、記載した電話番号に電話がかかってきます。
すぐその場でと言っても良いくらい即座に、です。
キャッシングまでの流れについての説明ですが、ホームページなどにも記載していますが、確認作業という形で、電話がかかってくるのです。
大手消費者金融にはない電話ですが、ライフティでは、本当にこの電話応対をするのかという確認の一つともいえます。

 

どうして確認が必要なのか?

1つは、ライフティが甘い審査でブラック対応の消費者金融だからです。
最初から疑うわけではないのですが、返済してくれそうな人なのかどうかが電話でわかるとも言われています。
ましてや使われていない電話番号ですとあれば、即座に審査落ちです。
間違ってしまいましたという言い訳が通じないことですから、まずは本人確認のための電話だと思ってください。

 

過去は調べられている

ライフティの申込者の中で、過去のブラックは隠そうと本気で考えている方も少なくありませんが、当然バレバレです。
申込と同時に個人信用情報機関での照会をして、過去と現在のブラック状況も全てわかった上で、確認のための電話になります。

 

必要書類はとても多い

大手消費者金融の場合、身分証明書だけでもキャッシングができますが、ライフティでは必ず所得証明書などが必要になります。
それらが全て揃った上で、職場への在籍確認はその後になります。
そのための電話でもあり、在籍確認が申込当日に行われないことになります。
必要書類を郵送してからの作業になりますが、まずは電話で本人確認、これが最初の難関、ライフティに申込をすると絶対にかかってくると思ってください。

 

この電話から審査に入っていると言っても良いでしょう。
必要書類のことを伝えるだけではなく、どんな人なのか、お金を貸しても大丈夫なのかなどの探りの電話だと思ってください。

最初に本人確認、後で職場確認関連ページ

ライフティ在籍確認後否決
ライフティで融資を受けた人が返済してないとか、直接ライフティからお金を借りても放置しているのに又借りようとしたとかが原因だったのかもしれません。基本的にライフティでキャッシングして在籍確認が取れた時点で否決されるなんて事はないんですよ。
ライフティ在籍確認否決
ライフティはブラックでもお金が借りれるしブラックでもカードでキャッシングも出来るので、こんな良い優良の街金はないってものですからね。くれぐれも在籍確認だけは忘れたり出なかったりするような事がありませんように本当にお金が借りたいと思うのであれば最後の最後まで気は抜かないで下さい。
ライフティ在籍確認審査落ち
どうしてもキャッシング申し込みして審査に通ればお金が借りれると有頂天になる人もいるみたいで、最後の最後で肝心なこちらの在籍確認電話を取らない人もいるようでした。これがアダとなり悲しいまでに審査落ちではないのに融資否決と
ライフティ在籍確認キャッシング
ライフティとかでお金を借りるのであればかなり融資可決率が高いので、間違っても在籍か確認忘れなんて絶対にしないて下さいね。多少お取り込み中でもお金が借りたいと本当に思っているのであればすぐに電話には取るように
在籍確認はたいしたことではない
ライフティの在籍確認は、個人名ですから、職場には古い友人とか、親や妻が教えたとさらりと流せば良いのです。ライフティとしても、申込者がそこにいたと分かればそれで良いのですから、職場にばれる心配も無いのです。
甘いけれど厳しい審査度は?
甘い審査と厳しい審査。様々な口コミを総合すると、ライフティの審査は甘いけれど厳しいです。そして、ここで審査落ちしてしまう方もいます。甘い審査と言うのは、属性が低い方でも審査をしてくれるということです。
ライフティの在籍確認を乗り切るために
ライフティの在籍確認が嫌だ、不安だと言う方の中には、いつ行われるかわからないからという方がとても多いです。キャッシングの際の在籍確認は、どんな金融業者でも行うことです。ちなみに銀行カードローンでは、専業主婦も対応(消費者金融は対応なし)していますが、自宅に在籍確認をされるのです。
在籍確認は重要な審査である
消費者金融では、在籍確認は必ず行う審査です。WEB完結、即日融資のところでも、勤務先の電話がかかってきます。その時には、◯◯消費者金融デスなんて言うことは絶対になく、◯◯さんはいますか?と普通の電話です。在籍確認は回避したい方は多いですが、思っている以上に短時間で、事務的に終わってしまうことです。それでも、なんとかしたい方は多いです。

このページの先頭へ戻る