他社から延滞 キャッシング

  1. 中小消費者金融で借りたいブラック 延滞はNG
  2. 中小消費者金融からまとめローンの提案がきたけれど
  3. 延滞者にスゴイ提案があります
  4. 事故情報の中でも延滞はキング
  5. 債務整理しかないでしょう

 

 

中小消費者金融で借りたいブラック 延滞はNG

消費者金融では、審査をしてキャッシングができるかを判断します。
正式な言葉ではないのですが、審査落ちはブラックということが多いです。

 

特に、大手消費者金融や、銀行カードローンは審査が厳しいので、
審査に通らないと、審査の甘い中小消費者金融にいくことが多いです。

 

なぜなら、中小消費者金融は、
ブラック対応の消費者金融業者だからです。

 

どんなブラックでも借りれるのか?

それは審査次第ですが、一応審査落ちもあります。
特に、他社からの延滞がある延滞者の、
中小消費者金融のキャッシングは、全滅です。

 

一番ブラック原因として大きいもので、
延滞している状態での中小消費者金融の申込は、
借りられないと思った方が良いです。

 

まだ、数日遅れなら可能性はゼロではないのですが、
返済ができないからここに借りにきたという態度は、
中小消費者金融でも、受け入れないと言うのです。

 

当然と言えば、当然です。

 

 

個人信用情報機関の記録

返済をしていないと、個人信用情報機関に記録されます。
いわゆる信用情報ですが、中小消費者金融では、
申込者全員の信用情報を確認します。

 

ブラックもここで判明します。

 

申込のときに、多重債務や債務整理は入力します。
延滞も入力することがありますが、
金融業者では、個人信用情報機関でしっかりと確認。
返せていないのなら、借りれないということです。

 

個人信用情報機関は、
自分で、動かす事ができない事実の記録ですから、
きちんと、返済をしてからの申込が妥当です。

 

多重債務者

これは消費者金融の限度額である、総量規制範囲内の融資になります。
少ない場合が多いでしょう。

 

しかし、1万円であったとしても、規定の借入件数以内であって、
総量規制範囲内の、数万円でも対応します。

 

ただし、中小消費者金融では最低5万円からとか、
3万円と、決まっている場合があります。

 

その場合は、総量規制で、
その範囲で、余裕がないと審査落ちです。

 

 

債務整理者

自己破産等でも1年程度経っていて、
収入が安定している場合は、債務整理者のキャッシングができます。
任意整理、個人再生でも完済していると借りやすいでしょう。

 

そして、今借金なしであれば、
中小消費者金融としても、審査は通りやすいと言います。

 

ある程度、信用ができるまでは少額の融資ですが、
信用ができると、普通のキャッシングが可能です。

 

金利は高いが

大手消費者金融と比較すると、高い金利の中小消費者金融。
これは、ブラックではない場合も共通です。

 

しかし、本来大手消費者金融などでは相手にもされないブラックでも、
きちんと貸してくれるのが、中小消費者金融です。
正規金融業者として、金融庁に登録されていますから、会社の信用もあります。
問題は、ブラックキャッシングだからと甘えないことです。

 

最低返済額も、低めに設定することができ、
キャッシング相談もできます。

 

他社から延滞だけは避けて、
ブラックでも余裕のキャッシングをして下さい。

 

 

 


中小消費者金融から、まとめローンの提案がきたけれど。

 

個人信用情報で、最大のブラックと言えば延滞の記録です。
しかも、現在進行系が最悪だと言われています。
返済をしないと、必ず連絡がきます。
最初は電話でしょう。

 

しかし返済をしていないと、電話に出ない方も多く、
そのままにしていると、はがきがきて、
最終的には、裁判所から呼び出しになります。
1回の延滞では、約2ヶ月近くこんな状態です。

 

おそらく、逃げられないです。

 

そのままどうなると思う?

裁判所にも出廷しない、
ムシが続くと、給与から天引きされていきます。

 

キャッシングのスペックでは、遅延損害金があり、
金利が高いです。その金額で、給与から差し引かれていきます。
はっきり言って、最悪の最終手段です。

 

個人信用情報機関では、そのような記録になっていて、合法です。
では無職では?というと、自宅等に来る場合もあります。

 

これも合法です。

 

 

他社から延滞しているけれど、中小消費者金融なら借りれる?

審査が甘いとされる中小消費者金融ですが、延滞は借りれません。
遅延でも、借りれない場合が多いです。

 

甘い審査は延滞だけはNGとされていて、
返済をできない人には、甘い審査も通用しないです。

 

ただし、極甘審査では、人をみる傾向があります。
それは、返済ができていないことは、ブラックとして容認。

 

返済能力が高いと判断された場合は、
まとめローンの提案などで、もっと借りさせるのです。

 

まとめローンで儲かる中小消費者金融

これは、あなたは延滞者なので、新規キャッシングはできません。
しかし、今持っている多重債務を、すべてここで借りて、まとめローンにします。
1つのローンで支払いができるのなら、キャッシングができます。

 

ただし、まとめローンですから、新規キャッシングと違い厳禁はないのですが、
来月からは、ここで1つの返済をして下さいというものです。

 

まとめローンですから、既に持っている多重債務は完済です。
その返済分が、中小消費者金融で1つのまとめローンとなります。

 

 

良い話ではないですか?

一見してそう見えるのですが、
中小消費者金融のまとめローンは、金利が高いです。

 

そして、多重債務分を借りるのですから、
多額になった場合、返済総額は大きいです。

 

消費者金融業者の儲けは、金利にあるのですから、
返済できると思った方には、継続的な金利を支払わせるということです。

 

考えようによっては

いずれにしても、延滞するくらい大変だったから、
ここでまとめローンにして、月の返済が楽になれば良い。
最初はそう思うでしょう。

 

返済がすくなくなったから、キャッシングもしないし。
確かに。

 

でも、元金が変わらないまとめローン、
月の負担が小さくなった分だけ、返済期間は長期化します。

 

中小消費者金融では、正社員等で収入が規則正しい方、
信用情報などで、それ程内容が悪くない方に、
こうしたまとめローンの提案があると言います。

 

もし今回の延滞がそんなに続かないのなら、
そして、多重債務分も大した額ではないのなら、
検討してみても良いです。

 

しかし、多重債務も多い、これからも返済は危ないというのなら、
まとめローンはおすすめしないです。
延滞するくらいですから、債務整理をした方が無難です。

 

延滞しているときのキャッシングは、諦めるに限ります。

 

 

 

延滞者にスゴイ提案があります

正直に言おう。
他社から延滞をしているからキャッシングをしたいんだ。

 

そんな申込は、あっさりと審査落ちです。

 

個人信用情報の延滞は事故情報

大手消費者金融と銀行カードローンはもちろんですが、
中小消費者金融でも、その事実はNGです。
遅延でも同じです。

 

「信用情報」ですから、その方の信用度を審査します。
返済ができていない方に、
キャッシングをする消費者金融業者はいないです。

 

中小消費者金融でも、せめて返済してからきて下さいと言われます。

 

本当のことを言うと

多重債務の原因が、返済のためだった。
キャッシング利用者は、少なからずこのような原因で、
多重債務者になってしまう方は多いです。

 

総量規制範囲内では、カードローンなどは自由にキャッシングができます。
咎められることもなく、普通に借りて返済もできます。

 

ただし、総量規制範囲内だけのことで、
年収3分の一ですから、大した額ではないです。

 

そして、返済には金利が付くことで、借りた分だけの返済ではない。
ですから、自転車操業的な多重債務は、行き止まりになってしまうのです。
そんなことは、個人信用情報機関で確認できます。

 

それでも、延滞しないで返済している間は何も起こらないのです。

 

 

そこで提案

今月返済ができない。
そんな予想をしたときに、本当にやってほしいことは、
キャッシングではなく、債務整理です。

 

返済見込みがなく、それが今月だけではなく、
これからもつづくのであれば、ここで自転車操業をストップです。
それも、強制的な債務整理をすることで解決ができます。

 

ブラックになるのはイヤ。
これは身勝手なことで、自転車操業的な多重債務者は、
既にブラックになっていると言っても良いでしょう。

 

今すぐ延滞なしで、返済ができないのなら、債務整理です。
任意整理などで返済をしていく方法、

 

自己破産をしてしまう方法などがありますが、
できる限りの方法を模索しましょう。

 

まだ少し返済余地があるのなら、任意整理です。
金利分カットで、返済額も調節できます。
マイホームがあるのなら、個人再生が良いでしょう。

 

しかし、収入が不安定で、
もう借金は返せないのなら、自己破産でさっぱりしましょう。

 

ここからが本題

債務整理後ですが、
大手消費者金融や銀行カードローンでは、
7年程度キャッシングができません。

 

しかし、中小消費者金融では、
任意整理返済中でも、借りれるところがあります。
自己破産でも、1年程度経てばOKのところも。

 

要するに、他社延滞の状態で無理やりキャッシングをするのではなく、
一度債務整理をして、返済額を小さくしてから申し込むをするのです。

 

せっかくの、ブラック対応の中小消費者金融なのですから、
上手に利用しないと。

 

債務整理を実施をすると、
免責までの返済もなくなります。
取り立てもないです。

 

キャッシングの必要なくなっちゃうかも?

 

 

 

事故情報の中でも延滞はキング

信用情報で、事故情報があると借りれない消費者金融業者は、
大手消費者金融と、銀行カードローンだと言います。

 

各種ローン会社、クレジットカード会社も、
ブラックリストには審査通過はないです。
ただし、中小消費者金融などでは、ブラックでも借りれることがあります。

 

ローン会社でも、甘い審査のところはあります。

 

大手は厳しい

大手は、一つの事故情報でも借入ができないです。
だから、中小消費者金融が流行るのですが、
金融業者としては、貸金業法の範囲内であれば、
ブラックでもキャッシングができます。

 

例えば、債務整理後1年でキャッシング。
多重債務者も4社までが許容範囲で、
あと少し、借りたいという方にはとても良い対応です。
さすがはブラックOK、ブラック対応の中小消費者金融です。

 

任意整理などは、
返済中でも、利用ができるところもあるらしいのです。

 

 

ただし延滞は厳禁

そんなブラック対応の中小消費者金融ですが、
他社から延滞でのキャッシングだけは、審査落ちです。

 

もう一つ致命的なのが、収入がない方です。
この2つの共通点は、返済ができない人です。
いやいや、たまたまなんだ、遅延で返済できるから。
この言い訳は通用しないです。

 

返済は、返済日が決まっていて、
その日に入金されないと、信用はガタ落ちです。
スマホ料金では、そんなことはないのになぁ。

 

そうです、1ヶ月の猶予があります。
キャッシングも1ヶ月程度は、電話などで問い合わせがきます。

 

しかし、新規キャッシングなどはできないです。
借りたければ、返済できる体になってから。

 

かんがえてみれば、ごくごく当たり前の話です。

 

ブラック対応なんて嘘?

中小消費者金融の甘い審査では、
ブラックでも借りれる人がいるが、正解です。

 

ブラック対応の対応は貸すのではなく、
申込ができる、審査を受けることができるの判断です。
そして、借りれる条件を確認するための審査です。

 

それがたまたま、大手消費者金融や銀行カードローンより、
甘めに設定しているだけであり、ブラック対応に嘘はないです。

 

 

中小消費者金融を過信しない

大手消費者金融審査落ちでも、中小消費者金融で借りれる。
他社から延滞してもなんとかなる。
なんとかなりません。

 

キャッシングができるできないではなく、延滞は解消ではないのなら、
消費者金融会社に、すぐ連絡をして下さい。
まだ日が浅いのなら、いつ返済ができますか?と確認されます。

 

明日ですと言う対応なら、個人信用情報機関の、
事故情報がつかない場合があります、返済日から数日なら。

 

そして、返済ができないときには、契約の書き換え等も対応してくれます。
結構きつい感じではなく、わかりました。

 

手続きに入りますが、
料金がかかりますと事務的な応対をするのが、大手消費者金融です。

 

しかし、延滞したのが中小消費者金融の場合は、怖い対応です。
そうそう、中小消費者金融で延滞をすると、
大変なことになってしまうと口コミが多いです。

 

大手にしても中小消費者金融にしても、
返済ができないときには事前に連絡を。

 

そして、延滞後のキャッシングはできないと思って下さい。

 

 

 

債務整理しかないでしょう

金融機関や金融業者では、
延滞と遅延は、信用問題に大きく響きます。

 

事前に返済ができないことが分かれば、対処ができますが、
約束を守らない延滞は、非常に悪いことです。
これは、キャッシングの世界では当然のことです。

 

毎月決まった返済日があるキャッシングでは、
その日の入金がないとも、最悪の事態になります。
しかし、たまたま忘れてしまって、すぐに返済をしたのならセーフです。
ダメなのが、催促に応じないことです。

 

延滞期間が伸びることは、自分にとっても不幸です。
だって、返済できないから仕方ないでしょう。

 

返済日は、来月もやってきます。

 

審査で延滞は最悪

甘い審査の中小消費者金融でも、延滞は審査落ちです。
それだけ、金融事故としては重大なものです。

 

ですから、他社から延滞している状態で、
キャッシングの申込をしたとしても、
どの正規金融業者でも、審査に通らないです。

 

極甘審査の中小消費者金融ならどうだろう?

 

多分通らないでしょう。

 

 

延滞で借りれた そこは闇金

そういうことです。

 

個人信用情報機関も法律も無視した闇金なら、
他社から延滞でも、キャッシングができます。

 

しかし、利息制限法もなしで、100%に近い金利とか、
完済ができないとか、取り立てがものすごいということを聞くと、
どうでしょう?
キャッシングをかんがえますか?

 

そして、延滞している部分も、
返済していかなければならないので、まさに地獄絵巻です。

 

ここは延滞をしてしまった時点で、
キャッシングはできないとして、申込はしないことです。

 

延滞部分は解決して

遅延として返済ができるのなら、早く行って下さい。
とにかく、延滞のままにしておかないことです。
返済ができないなら、債務整理でも良いですし、契約変更も可能です。

 

大手消費者金融も銀行カードローンも、
中小消費者金融も正規金融業者は、きちんと応対してくれます。

 

そのことはすべて個人信用情報機関の記録されるのですが、
延滞しているときで、事故情報です。
1つ、事故情報が増えるだけです。

 

このままでは、甘い審査の中小消費者金融でも、
当分借入ができないので、延滞を解決してしまうことが先です。
その後の返済ができないのなら、債務整理です。

 

多額でどうしようもないのなら、自己破産を前提に進めましょう。
免責が下りれば、晴れて借金なしで、返済も不要です。
ただし、1年程度時間がかかり、何度も裁判所にいくことになります。
弁護士に依頼することもできますが、その場合は料金もかかります。
相談だけなら無料のところは多いです。

 

地方にお住まいで、弁護士がいないとしても、
インターネットで相談ができ、
フリーダイヤルもメールも受け付けています。

 

ちなみに、相手が闇金等で取り立てが厳しい場合は、
24時間対応の弁護士もいます。

 

検索してみてください。

 


このページの先頭へ戻る